浜松餃子が気になる

浜松餃子は中華料理店の餃子は勿論ですが、餃子の専門店が多いです。

テレビでも言っていましたが、持ち帰りで買って自宅で食べる人も
浜松は多いようで、焼き餃子だけでなく、冷凍餃子だけを販売している
お店もあります。

冷凍餃子をお持ち帰りで購入すると餃子のレシピの説明書なども
付いているので、餃子の焼き方のレシピも覚えることができます。

この頃は浜松餃子をよく紹介しているのでご存知の方も多いと思いますが、
浜松餃子の特徴は茹でた”もやし”が餃子に添えられているのが特徴で、
これは餃子から滴る肉の脂を吸収する役目をするそうです。

浜松市の餃子はのルーツを調べると戦後駅の周辺に数多く存在していた
屋台の餃子の店が今の専門店の始まりになっている例も多いようです。

当時の餃子のレシピは現在の餃子のレシピと違いがあるのでしょうか
もし、違いがあれば当時の屋台餃子のレシピで餃子を食べてみたいものです。

しかし、今のようにキャベツなど材料も豊富でなかったでしょうから
餃子のレシピが気になります。

どうせ食べるなら当時に餃子のレシピだけでなく当時をを再現して、
餃子屋台村みたいな所を作って、餃子と昭和のレトロな雰囲気を
同時に楽しみながら餃子を食べることができるような場所があれば
さらに餃子ブームの人気が出るのではないでしょうか。

宇都宮市を浜松市が抜いた

餃子のレシピを覚えたい人にとって静岡県浜松市の餃子が気になる人も
いるのではないでしょうか。

餃子と言えば、今では静岡県浜松市が有名になりました。
餃子が好きな方なら既にご存知の方も多いでしょう。

餃子のレシピもお店によっていろいろあるのでしょう。
最近はテレビなどでも浜松餃子が紹介されています。

餃子のレシピとは少し違いますが、もやしを餃子の横に付けて
出してくれる店が多いようです。

中には丸いお皿に餃子を円形に並べ中央にもやしをのせて出している
お店もあります。

また浜松市には市のグルメが集うボランティア団体「浜松餃子学会」という
団体があります。こんな団体があるとは餃子に対する意気込みが
伝わってきます。

その「浜松餃子学会」が発表した餃子の調査によると
浜松市内1世帯あたりの餃子年間平均消費が19、403円で、
7年連続日本一だった宇都宮市の4、710円を上回ったらしいです。

「浜松餃子学会」が宇都宮より浜松の方が餃子の消費量が多いのでは、
ということで市に調査を依頼し、それを市長が快諾し、調査をすることに
なったようです。

餃子の消費量がわかる総務省の家計調査が、県庁所在地と政令指定都市でしか
行われていないため、今までは浜松市のデータは無かったようです。

浜松市も政令市に移行したので、ますます餃子で活気が出てきそうです。
宇都宮と共に、餃子を盛り上げていってほしいです。

餃子のタレ

餃子のレシピと言うと、餃子の”あん”(具)のレシピや餃子の皮のレシピを
考えますが、おいしい餃子にはもう1つタレも重要になってきます。

同じ餃子でもつける”たれ”で、餃子の味は大きく変わります。

餃子の具そのものの味や皮の具合は当然ですが、餃子のたれのレシピも
覚えると、おししい餃子が、さらにおいしく食べれます。

せかっく餃子のレシピや餃子の皮のレシピを覚えたら
もう1つオマケに餃子のたれのレシピも覚えましょう。

レシピと言ってもタレは、いくつかの材料を混ぜ合わせる簡単なタレを
作りましょう。

基本の餃子のたれのレシピは、しょうゆと酢の組み合わせです。
配分はしょうゆ大さじ1に対して酢大さじ2ぐらいが普通だと思います。

少し手を加えると、ラー油と長ねぎを使って香りを付けることもできます。

基本の餃子タレにプラスしてラー油を大さじ1、ごま油を少々、長ねぎの
みじん切りを小さじ1ぐらいを追加すると長ねぎの香ばしい香りに
ラー油のピリッとした刺激で、餃子が美味しく食べれます。

餃子をコッテリとか、または辛味が欲しい、と思う人はラー油を
足した
餃子のたれはお勧めです。

自分でもいろいろ餃子のたれのレシピを考えるのも楽しいですよ!

餃子を食べる

餃子とくればビールです。ビールの宣伝をするわけではありません。(笑)

ビールを片手に餃子を食べると、うれしくなってきます。
なんか得した気分にさえなってしまいます。

餃子のレシピもキャベツや白菜をたくさん使ったサッパリ味の
野菜餃子ちょっとリッチな海老餃子、肉汁たっぷりの
ジューシー焼き餃子などいろいろで、

さらに餃子の皮もパリパリとくれば何個でも食べれそうです。
餃子のレシピが気になるけど、餃子を食べたくなってしまいますね。

餃子は日本人が好きな料理のベスト10に入ると思います。
餃子が好きな人は毎日食べてもいいぐらいでしょうね。

日本では餃子のレシピと言えば焼き餃子のレシピを普通は
想像しますが、
中国では基本的に水餃子を主に食べて、余った餃子を
焼き餃子にすると言ってました。

また日本では餃子にニンニクは当たり前のイメージですが
中国ではニンニクを餃子の中には入れないそうで、ニンニクを
自分がタレに入れて食べるようです。

中国で餃子を精進料理としても食べることもあるようで、
肉は使わず豆腐と野菜で作った餃子の作り方もあるそうです。

日本では変わり餃子のレシピとして考えてしまうことも多いと
思いますがもう少し、餃子のレシピを研究します。

皮のレシピ1

餃子のレシピと言っても、今では餃子の種類もいろいろあります。

野菜餃子、キムチ餃子、えび餃子、手羽餃子、しそ餃子、
海鮮餃子、納豆餃子などいろいろですね。

それぞれの餃子のレシピがあります。基本の餃子のレシピを覚えたら
他の変わり餃子のレシピを覚えていきましょう。

餃子の”あん”のレシピはいろいろですが、餃子の皮のレシピは
一つ覚えればいいと思います。


餃子の皮レシピ (約10〜12個ぐらい)

薄力粉 150g
強力粉 大さじ1
お湯  80ml

●薄力粉と強力粉をボウルに入れ沸騰したお湯を入れ混ぜ合わせます。
 お湯は一度に入れないで少しずつ加えています。熱いので麺棒
 などを使って混ぜましょう。
 
(焼き餃子の皮のレシピのポイントの一つですが、餃子の焼き上がりが
 カリっとするためにお湯で練る方がいいようです。)

●初めは粉っぽい感じですが、ポロポロとしてきてまとまってます。

●大体まとまってきたら、次は手を使ってボールの中でよく練ります。
 練る時は体重を利用してやると楽にできます。

●ひとまとまりになったら、ボウルから取り出し台の上でさらに 練ります。
 この時は、餃子の生地を回しながら手前から折り込む感じで練ると
 いいでしょう。

●しばらく練り、耳たぶぐらいの柔らかさになると出来上がりです。

●生地が出来上がったら、ボウルに入れラップをして常温で
 15〜20分ぐらいねかせます。
 *餃子の生地をたくさん作った場合は、適当に細長い形にまとめ、
 包丁で適当に切り目入れます。こうすると、早く冷ますことが出来ます。
 
続きは餃子の皮のレシピ2で!

皮のレシピ2

餃子の皮のレシピ1で作った物を、次は実際に餃子の具を包む形に
していきましょう。

●打ち粉をして手で細長く伸ばしていきます。
 だいたい、直系2・5cmぐらいになるように伸ばしていくと
 いいと思います。

●伸ばした餃子の皮の元を、長さ3cmぐらいの大きさに手で
 ちぎっていきましょう。大きさが均等になるようにします。

●台の上に、打ち粉をして、手で押しつぶすようにして平にしていきます。

●最後は麺棒を使って伸ばすのですが、その前に直径10cmぐらいまで
 手で伸ばしておきます。

●小さめの麺棒を使い、中央が厚くなるように、餃子の皮を回しながら
 円形に伸ばして完成です。

●出来上がった餃子の皮に具を入れる時は、約大さじ1杯ぐらいを
 目安に入れ過ぎないようにしましょう。
 

また、餃子の皮が柔らかいのでヘラなどを使って餃子の具を入ていくと
いいと思います。

同じ餃子でも餃子の皮のレシピは、ココで説明している焼き餃子と
水餃子では皮の厚さや水分などの配合が違います。

餃子の皮も自分で作れるといいですね。餃子の皮にお茶の葉を混ぜたりする
餃子の皮のレシピもあるようです。

出来上がりの色も緑色に見えておいそうですね。
餃子や餃子の皮のレシピはいろいろアレンジできて楽しいです。

餃子のレシピ(焼き餃子)

餃子のレシピはいろいろあると思いますが、こんがりキツネ色の
焼き餃子のレシピが覚えたいですね。参考になれば幸いです。


簡単なおいしい焼き餃子のレシピ
●フライパンを強火で白く煙が出てくるまで空焼きをします。
●油をひきます。使用する油はサラダ油やラード油、
 またはオリーブオイルもいいですね。香りが好きな方はごま油
 もいいでしょう。
●餃子をフライパン一面に隙間があまりないように並べていきます。
●水、またはお湯を餃子の3分の1ぐらいの高さまで入れます。
●フライパンに蓋をして強火で5〜6分蒸し焼きにします。
 そして水が無くなるのを確認します。
●蓋を外した状態で、もう1分ほど焼くと、こんがりキツネ色の
 おいしい焼き餃子ができます。

おいしい焼き餃子は中身がジューシーで表面がキツネ色に焼けています。

餃子も食感というのがスゴク大切ですら餃子の”あん”(具)を
上手く作れてもガッカリしていまいます。

簡単なおいしい焼き餃子のレシピとは言っても、最初は餃子を焼くのは
なぜか上手かない方が多いようです。(上手く焼ける方もいますが)

餃子のレシピのように作っても、なぜか上手く焼けなかったりしますが
何回か作っている間に自分なりの餃子のレシピも感覚的に身に付きます。

頑張って時分流の焼き餃子のレシピも作ってみるのも楽しいですよ。