餃子のタレ

餃子のレシピと言うと、餃子の”あん”(具)のレシピや餃子の皮のレシピを
考えますが、おいしい餃子にはもう1つタレも重要になってきます。

同じ餃子でもつける”たれ”で、餃子の味は大きく変わります。

餃子の具そのものの味や皮の具合は当然ですが、餃子のたれのレシピも
覚えると、おししい餃子が、さらにおいしく食べれます。

せかっく餃子のレシピや餃子の皮のレシピを覚えたら
もう1つオマケに餃子のたれのレシピも覚えましょう。

レシピと言ってもタレは、いくつかの材料を混ぜ合わせる簡単なタレを
作りましょう。

基本の餃子のたれのレシピは、しょうゆと酢の組み合わせです。
配分はしょうゆ大さじ1に対して酢大さじ2ぐらいが普通だと思います。

少し手を加えると、ラー油と長ねぎを使って香りを付けることもできます。

基本の餃子タレにプラスしてラー油を大さじ1、ごま油を少々、長ねぎの
みじん切りを小さじ1ぐらいを追加すると長ねぎの香ばしい香りに
ラー油のピリッとした刺激で、餃子が美味しく食べれます。

餃子をコッテリとか、または辛味が欲しい、と思う人はラー油を
足した
餃子のたれはお勧めです。

自分でもいろいろ餃子のたれのレシピを考えるのも楽しいですよ!