餃子のレシピいろいろカテゴリの記事一覧

餃子のタレ

餃子のレシピと言うと、餃子の”あん”(具)のレシピや餃子の皮のレシピを
考えますが、おいしい餃子にはもう1つタレも重要になってきます。

同じ餃子でもつける”たれ”で、餃子の味は大きく変わります。

餃子の具そのものの味や皮の具合は当然ですが、餃子のたれのレシピも
覚えると、おししい餃子が、さらにおいしく食べれます。

せかっく餃子のレシピや餃子の皮のレシピを覚えたら
もう1つオマケに餃子のたれのレシピも覚えましょう。

レシピと言ってもタレは、いくつかの材料を混ぜ合わせる簡単なタレを
作りましょう。

基本の餃子のたれのレシピは、しょうゆと酢の組み合わせです。
配分はしょうゆ大さじ1に対して酢大さじ2ぐらいが普通だと思います。

少し手を加えると、ラー油と長ねぎを使って香りを付けることもできます。

基本の餃子タレにプラスしてラー油を大さじ1、ごま油を少々、長ねぎの
みじん切りを小さじ1ぐらいを追加すると長ねぎの香ばしい香りに
ラー油のピリッとした刺激で、餃子が美味しく食べれます。

餃子をコッテリとか、または辛味が欲しい、と思う人はラー油を
足した
餃子のたれはお勧めです。

自分でもいろいろ餃子のたれのレシピを考えるのも楽しいですよ!

餃子を食べる

餃子とくればビールです。ビールの宣伝をするわけではありません。(笑)

ビールを片手に餃子を食べると、うれしくなってきます。
なんか得した気分にさえなってしまいます。

餃子のレシピもキャベツや白菜をたくさん使ったサッパリ味の
野菜餃子ちょっとリッチな海老餃子、肉汁たっぷりの
ジューシー焼き餃子などいろいろで、

さらに餃子の皮もパリパリとくれば何個でも食べれそうです。
餃子のレシピが気になるけど、餃子を食べたくなってしまいますね。

餃子は日本人が好きな料理のベスト10に入ると思います。
餃子が好きな人は毎日食べてもいいぐらいでしょうね。

日本では餃子のレシピと言えば焼き餃子のレシピを普通は
想像しますが、
中国では基本的に水餃子を主に食べて、余った餃子を
焼き餃子にすると言ってました。

また日本では餃子にニンニクは当たり前のイメージですが
中国ではニンニクを餃子の中には入れないそうで、ニンニクを
自分がタレに入れて食べるようです。

中国で餃子を精進料理としても食べることもあるようで、
肉は使わず豆腐と野菜で作った餃子の作り方もあるそうです。

日本では変わり餃子のレシピとして考えてしまうことも多いと
思いますがもう少し、餃子のレシピを研究します。

餃子のレシピ(焼き餃子)

餃子のレシピはいろいろあると思いますが、こんがりキツネ色の
焼き餃子のレシピが覚えたいですね。参考になれば幸いです。


簡単なおいしい焼き餃子のレシピ
●フライパンを強火で白く煙が出てくるまで空焼きをします。
●油をひきます。使用する油はサラダ油やラード油、
 またはオリーブオイルもいいですね。香りが好きな方はごま油
 もいいでしょう。
●餃子をフライパン一面に隙間があまりないように並べていきます。
●水、またはお湯を餃子の3分の1ぐらいの高さまで入れます。
●フライパンに蓋をして強火で5〜6分蒸し焼きにします。
 そして水が無くなるのを確認します。
●蓋を外した状態で、もう1分ほど焼くと、こんがりキツネ色の
 おいしい焼き餃子ができます。

おいしい焼き餃子は中身がジューシーで表面がキツネ色に焼けています。

餃子も食感というのがスゴク大切ですら餃子の”あん”(具)を
上手く作れてもガッカリしていまいます。

簡単なおいしい焼き餃子のレシピとは言っても、最初は餃子を焼くのは
なぜか上手かない方が多いようです。(上手く焼ける方もいますが)

餃子のレシピのように作っても、なぜか上手く焼けなかったりしますが
何回か作っている間に自分なりの餃子のレシピも感覚的に身に付きます。

頑張って時分流の焼き餃子のレシピも作ってみるのも楽しいですよ。